2chTimes
RSS Twitter[携帯版] [ NEW スマホ版] [About] [Contact] 2017.11.25 10:57 [更新:1分前]

[« メインページへもどる]

【メンタルヘルス】摂食障害でなぜ犯罪に… 女子マラソン元日本代表の万引き事件で背景に脚光

速報+ スレッド作成=10日前 2chスレッド: ソース: NHKオンライン
11月14日 19時23分 「本件犯行は、摂食障害が背景にあることがうかがわれる」 今月8日、万引きの罪に問われた被告に有罪判決が言い渡されました。被告は、女子マラソンの元日本代表選手で、現役時代から摂食障害に苦しんでいました。実は、摂食障害の人が、万引きにはしるケースはほかにも相次いで報告されています。(宇都宮局記者 有馬護 ネットワーク報道部記者 吉永なつみ) 裁判で明かされた摂食障害 法廷に現れた30代の被告は、およそ10年前、国内で行われた国際女子マラソン大会で優勝し、同じ年にヨーロッパで行われた世界選手権に日本代表として出場して入賞を果たしました。 やせた体の被告は、みずからの摂食障害と万引きについて、次のように証言しました。 「実業団時代に厳しい体重制限のストレスで摂食障害になり、引退後もストレスがあると、食べては吐いていた。摂食障害になったあと、食べ物を万引きするようになった。今回は初めて、食べ物以外も盗もうと思った」 被告は、ことし7月、栃木県内のコンビニエンスストアで、化粧品や食料品を万引きした罪に問われましたが、それ以前にも平成26年と平成27年に同じ罪で略式命令を受けていました。 裁判の中で、犯行当時の心境について「つらい思いがぐるぐる回って、解消されたい、捕まって早く楽になりたいと思った」と証言しました。...

■最近の メンタルヘルス 関連ニュース » もっと [メンタルヘルス で検索]